Inku
Japan Society of Fairfield County
Mari Okuda

Okuda wins portrait prize      Mari Okuda won the top prize, The Prime Minister's Award, at the All Japan Portrait Association exhibition on August 3, 2009. She is the first woman to win the prize in the 56 year history of the All Japan Portrait Association.  In 2003, she received Councilor Prize for portraiture.
      Mari is also a poet having written a beautiful book of poetry to accompany a group of photos of Japanese scenes taken by a teacher friend of hers: Whispering Winds of the Seasons, published in 2003. (JSFC has copies available)
      Mari named the ceramic mural created for Yodogawa Christian Hospital in Osaka by sculptor Joy Brown (also a JSFC member).  Mari attended a meeting at the hospital with leaders of the hospital staff alumni group that commissioned the mural.  The group was prepared to come up with lots of ideas and sift them through, when Mari offered the name for this beautiful work of art: Song of Life.   Everyone immediately  agreed that this was the perfect name for the joyous wood-fired wall relief, which was installed at the entrance to the Pediatric Intensive Care Unit.
      Mari also designs jewelry and is owner of a jewelry boutique in Osaka.
      Mari Okuda has generously offered to paint a portrait of a member of  JSFC for $500, and donate the commision to the JSFC.  Please econtact Harry Sakamaki for further information.


Kyoko Ohnishi contributed this article in Japanese:

     奥田まりさん、肖像画で総理大臣賞受賞

 東京で行われた第56回全日本肖像画協会主催の展覧会で、奥田まりさんが、最高賞の内閣総理大臣賞を受賞した。今年は日展の中山忠彦氏が審査委員長とし て参加し、56年の歴史上、女性の総理大臣賞の授賞は初めてで、先般、総理大臣出席のもとに、東京で授賞式が行われた。

Mari Okuda and the winning portrait 奥田さんはコネチカット州のフェアーフィールド日米協会のサポー ターで、現在大阪在住。CT とNY 在住の頃、メリー・ハーグレーブ氏に師事し、肖像画を研修、地域にある日本庭園や、それを背景にした肖像画などを描き続けている。今回の受賞作は「久美さ んとマリン」というタイトルで、100号サイズの大作=
写真、受賞作と奥田さん。また、自作の詩にペース照子さんによる英訳をつけた、ハードカバーの写真詩集「四季を渡る風」を2003年に出版している。

 フェアーフィールド日米協会は、教育、文化、慈善的プログラムを通して、日米の相互理解を促進している非営利組織。ペースさんは3代目会長、ニーナ・ス トライトフェルドさんは4代目会長を務め、その功績により、両名とも日本国外務大臣より表彰された。ニーナさんの表彰式がNY総領事大使公邸で行われた際 に、奥田さんは大阪からお祝いに駆けつけるなど、今でも同協会をサポートしている。
 
 大阪の奥田さんは電話で「ペットと一緒の絵を描くということは、動物にも表情に個性があり、大変楽しいのです。56年の歴史上、女性初の総理大臣賞と は、本当にラッキーでした」と喜びを語る。(鏡)


Return to Interesting People
Return to Main Menu